MENU

ストレスチェック完全対応する、イナダ インスパイア ストレスチェック完全対応

国が標準とする『57項目のストレスチェック』ができる!

残業時間がとれない中、生産性をあげるための「イナダ インスパイア」導入

改正労働安全衛生法にもとづいて従業員50名以上の事業所には、ストレスチェック制度が義務づけられています。
イナダインスパイアには、医師たちと開発した、ストレス解消コースがありますが、その基となる、厚生労働省版のストレスチェックプログラムが搭載されています。

操作パネル(タブレット)で、57項目のストレスチェックを行っていただくことにより、弊社が利用者様個人ごとの結果を専用アプリケーションを用いて集計を行い、弊社指定の産業医にてチェック後、後日導入企業様へ郵送いたします。

導入企業様へのメリット

 

  1. 日常イナダインスパイアを使うタイミングでストレスチェックがを行うことができるので、わざわざチェックの時間を設ける必要がない。
  2. データの取得や産業医への提出などもファミリーイナダが行うので、総務などのご担当者様の手間がありません。
  3. イナダインスパイアの導入費用のみで”年に1回無料で”ストレスチェックの実施・産業医への提出から返却までを行うことができます。

 

7分間の活力集中コースや、ストレス解消コースなどで、従業員(働く人)の心と体をリフレッシュさせて、活力アップをはかります。生産効率をあげることで、企業の活性化にもつながるイナダインスパイア INS-10000。さらに従業員50名以上の事業所では義務化されたストレスチェックもおこなえる、導入企業様にとっては、メリットが非常に大きいメディカルチェアです。

ストレスチェック制度完全対応

 

1.ストレスチェックの実施

従業員のみなさまに、個別にストレスチェック
(57の設問に一つ一つ答えていきます)を行って頂きます方法は簡単、詳しくはこちらへ

 

2.データの回収と取り纏め

みなさまのストレスチェックが終了後データを弊社が回収し、厚生労働省制作の専用アプリケーションで、集計などを行います。

 

3.提携の産業医がチェックします

集計結果をファミリーイナダと提携する産業医がチェックを行います。

結果は、お一人ずつ厳重に封筒にいれて、まとめて企業様へ返送いたしますので、ご担当者様より各従業員様へお渡しください。

 

 


操作は簡単、ストレスチェックの方法

 

1. ストレスチェックを選択してください。

USBメモリを差し込みパスワードを入れて表示される最初の画面(コース選択画面)の左上側にある【ストレスチェック】をタッチします。

2. 個人情報を入力してください。

必須項目を入力し(お名前はフルネームでご入力ください。)

社員IDや職場コードなどを整理のため活用したい企業様では、社員ID欄や職場コード欄をご活用ください。

3. ストレスチェックの設問がはじまります。

画面の内容に沿って、各質問に回答してください。

4. ストレスチェック終了。

全ての質問が終了するとこの画面になります。

終了ボタンを押して下さい。


このストレスチェックは、1ユーザーにつき、年1回のサービスとなっております。そのため、ストレスチェックが終了したユーザーの画面には、次年度までストレスチェックのボタン表示がされません。

導入後、自社のスケジュールに合わせて、従業員様のストレスチェックを行ってください。データ回収のタイミングなどは弊社担当者とお打ち合わせください。